2008年04月11日

追突事故…その後

少し前の記事、追突事故 の続きです(^-^)


リヤ1






保険会社との交渉の末、お客さまの修理希望もあり
修理することになりました。


リヤ2






トランクの中はこんな感じにくしゃくしゃです
ボディーを固定して引っぱり出します。


リヤ3






荒出しをします。
これからハンマーでならし、酸素溶接の火で絞りながら
フロアーを平らにしていきます。


リヤ4






交換するバックパネル・スカートパネルを取ったところです。
リヤのサブフレームも変形していたため交換しました。


リヤ5






新品のパネルを仮付けし、合うかどうか確かめます。


リヤ6






スポット溶接でパネルを取付けます。
鉄板が見えてるところがスポット溶接した箇所です。
スポット溶接は電気で付けるため電気が通るように
鉄板をむき出しにします。


リヤ7






トランクフロアーやパネルの繋ぎ目などをパテで整形します。
キズやプレスの歪みなども修正します。


リヤ8






サフェーサーを入れる前です。
この後の写真がなくなってしまったので
完成写真をお見せできずごめんなさぃ(o_ _)o


完成して納車しようと思ってエンジンをかけると
キュルキュルキュルっとベルトの鳴く音が…Σ(- -ノ)ノ
ベルトを見てみると少しゆるぃ

調整をして再びエンジンをかけたらベルトの音はなくなった?…
と思ったらだんだんキュルキュルがひどくなり

ギュルギュルギュル〜ッ!と凄い音に

色々点検してみると調整用のアイドルプーリーが
少し斜めになっていました


リヤ9






調整用のブラケットを交換し一件落着、納車となりました

minimini_gankochan at 20:54
この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

2008年04月08日

BMW mini

new mini






ウチはminiはたくさん直しているけど
同じminiでもNew miniはほとんど入ってきません(;´▽`A``
でもひさしぶりに修理で入ってきました。今までで3台目です

左右ドアの鈑金です。
右は自費、左は車両保険で直します

ドアとドアがコツンとぶつかった・・そのぶつけた相手は
なんとまぁベントレーΣ( ̄□ ̄;)デカイョタカイョ


車に関してはド素人の私の目から見て ふと思ったこと…
miniはminiでもOld miniのオーナーさんとNew miniのオーナーさんってなんとなく考え方というか雰囲気というか人種?が違ぅ気がする( ‥)
どこが?と言われても、なぜ?と言われても…
うまく説明できないけど…なぜだろぅ?(*´ー`)ゞ

minimini_gankochan at 01:14
この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年04月04日

カントリーマン 其の四

とってもご無沙汰してしまいました カントリーマン (;´▽`A``
どこまで記事にしたかも忘れてしまったりして…

今までの記事はこちら
↓↓
カントリーマン 其の三
カントリーマン 其の二
カントリーマン 其の一





カントリー4-1






塗装が終わってドンガラのカントリーマンをリフトに上げ取付けにかかります。
キズをつけないように注意しながら組み上げていきます。
まずブレーキパイプ、フューエルパイプ、ステアリングラックを取付けます。


カントリー4-2






乗せるフレームを黒でペイントし、取付けます。
サブフレームパットも強化型のを入れました。
配線やワイパーモーターなども取付けます。


カントリー4-8






リヤのサブフレームも黒でペイントし取付けます。


カントリー4-3






先にペダルボックスを室内に取付けます。
なぜ先かというと、このパーツを使ってトルクロッドを取付けるからです。


カントリー4-4






ボディーにキズがつかないようにエンジンを乗せます。


カントリー4-5






96年以前の車をベースに使って組み上げていきます。
ブレーキ・マスターバックを取付けました。
オルタネーターもハイパワーのものを取付けました。
ラジエターも国産の新品ラジエターを使用し組み上げていき、
途中で悪いパーツが出たらすべて新品に取替えました。


カントリー4-6






お客さまの希望で、メーターやウインカー、ライトスイッチは97年以降のものがいいとのことで中古の97年以降のステアリングシャフトを使用しました。
メイン配線は96年以前のものを使用しているため、配線図とにらめっこしながら1つ1つ繋ぎ直し、リレーなどを入れたりして作動するようにしました。間欠も動きます。
結構時間がかかって大変でした(; ̄ー ̄A


カントリー4-7






クーラーもインダッシュ式にし、メーターもウッドパネルを取付けました。
メーター廻りを見るとなんだか…97年ミニ?





まだまだ…もぅちょっと?…つづく( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

minimini_gankochan at 21:51
この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

2008年04月02日

目に鉄粉が…(x_x)

サビ






がんこ職人の社長…サビの部分をサンダーで削っていたら

目に鉄粉が入ってしまいました

まぁ たま〜にあることなのですが

これは鈑金職人さんなら誰でも経験があることで

保護メガネをかけていても目に突き刺さってしまいます

早めに眼科へ行って取ってもらわないと

刺さった鉄粉からサビが出てしまぃ大変なことになります

昨日の夕方の出来事だったので開いている眼科がみつからず

なんとか救急で処置してもらいました(´▽`) ホッ


どんな職業でも危険はつきものですが

聞いてるだけで、見てるだけで目が

ギュッっとなってしまう出来事でした(>_<)

minimini_gankochan at 10:10
この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年03月29日

木枠 …つづき

前回のつづきです


木枠9






ウッドを取付ける場所をマークし、穴をあけます。


木枠10






ウッドを処理する前に一度ボディーに取付けます。


木枠11






取付けてみた後リヤのドアを開けようとしたら…
なんと!ウッドが当たって開きません(;´▽`A``
少し削って開くようにしました。


木枠12






エステートのテールランプのままではウッドの分だけ厚みが出てしまい取付けられないので加工します。


木枠13






全部取付け、合わせたところです。


木枠14






出来上がったウッドです。
どうしても一つ一つの木の色が違うため、
木を着色して処理します。
処理の仕方はちょっぴり企業ヒミツw( ̄b ̄) シーーッ!!


木枠15






処理を終え、何日か乾燥させます。


木枠16






ボディーに取付けた時どうしても隙間があくところがあるので
その隙間からゴミや雨が入らないようにパッキンを入れます。
そうすることで隙間も目立たなくなります。


木枠17






アウターハンドルも木の厚さ分、短くなってしまうので
カントリー用のハンドルに交換するのですが、
現在生産中止のため付いていたハンドルを加工します


木枠18






付いていたハンドルを分解し、シャフトを抜いて


木枠19






長いシャフトに交換します。


木枠20






取付けのボルトも長いものに交換します。


木枠21






ハンドルを取付けて完成です(*^▽^*)ノ

minimini_gankochan at 17:15
この記事のURLComments(2)TrackBack(0)
お知らせ

・次回記事予告
 「エンジン不動(後編)」

・キリ番 get で
 がんこなキーホルダー
 プレゼントですo(*^▽^*)o
 次は560000!

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Online Counter
現在の閲覧者数:
Twitter
記事検索
Archives