2009年02月19日

アウターヒンジ 〈前編〉

花粉症の季節がやって来ましたね
一番困るのは運転中のくしゃみ ε-(>o<)ハックション!!
目をつぶっちゃいますからね!
誰か目を開けたままくしゃみする方法を
教えてくださぃヽ(*´▽)ノ


では本日の記事です

アウターヒンジ1






MK-1仕様のミニが入庫してきました。
アウターヒンジの取付け及び、
リヤクォーターの鈑金・修理他いろいろです。


アウターヒンジ2






バイクが飛び出してきてよけたらスピンして
ぶつかってしまったそうです。
結構入ってしまっています


アウターヒンジ3






引き出し、鈑金しました。
事故のせいかはわからないですが、
全体に丸みが強かったため、形を整えたら
こんな広範囲にパテになってしまいました。


アウターヒンジ4






続いてドアのアウターヒンジを取付けます。
ドアのガラス、付属品などを外します。
これまたロックやアウターハンドルを
外さないで色替えされています┐(´-`)┌


アウターヒンジ5






位置決めをし、スカットパネルに
アウターヒンジを取付けます。

( がんこ: がんこ号には付いてたっけ?アウターヒンジ)
( 社長: 付いてるわけないでしょ!)


アウターヒンジ6






ドアのアウターヒンジはこのように鉄むき出しで来ます。


アウターヒンジ7






ドアもマークして穴を開け外します。
今までついていたヒンジを外します。


アウターヒンジ8






MK-1みたいにドアの前の方も丸めて欲しいということで
丸くカットし折り曲げました。


アウターヒンジ9






スカットパネルに補強プレートを溶接し、
アウターヒンジを取付け、ドアを仮付けしました。


アウターヒンジ10






スカットパネルに鉄板を溶接し、
ドアと同じように丸くしました。


アウターヒンジ11






クォーターパネルが交換してあるようで、
ドアの下の方の隙間が狭くなってしまっています。
ちょっと見栄えが悪いので、クォーターを叩いて
削って隙間を作りました。


アウターヒンジ12






ヒンジが付く穴やストライカーの穴を埋め、
スカットパネルとステップを加工したところを
パテで仕上げます。
オールペンした白がパリパリに剥がれてきて
結構大仕事になってしまいました。



…〈後編〉へ続く



人気ブログランキングへ← くしゃみをする時、「ハックショーンッ!」
                    って言ってしまう人はクリック

minimini_gankochan at 01:06
Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
お知らせ

・次回記事予告
 「オールペイント(11)」

・キリ番 get で
 がんこなキーホルダー
 プレゼントですo(*^▽^*)o
 次は605000!

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Online Counter
現在の閲覧者数:
Twitter
記事検索
Archives