ボールジョイント

2008年12月16日

ボールジョイントの交換

以前、水漏れで入庫した車で、足が変かもしれないと
書いた記事の車がオイル交換と足廻りの見積りで入庫です。
その記事はコレ→ クーラント液の漏れ


ボールジョイント1






フロントを上げ、ガタの確認をします。
ボールジョイントにガタがありすぎて、
まずはそのボールジョイントを交換しないと
はっきりした見積りが出ないことと、
この状態では危険だということをお客さまに伝えると
このまま修理して欲しいということで続行します。


ボールジョイント2






ハブボディーを外し、上下のボールジョイントを交換します。

( がんこ: なんだか口をOの字にした、目がぎょろりな
       奇妙なおたまじゃくしのようで。。゙(ノ><)ノ ヒェー)


ボールジョイント3






以前にハブベアリングを交換しているようなのですが、
その時にCVジョイントに付くカラーを逆に組み込んで
しまってるようでした。
そのため、カラーとオイルシールが当たってオイルシールが
削れてしまっていたので交換しました。


ボールジョイント4






ボールジョイントを交換したハブボディーと
ロアアームブッシュ、テンションブッシュです。
これから組み込みます。


ボールジョイント5







組み込み終わったところです。


ボールジョイント6






タイヤを取付け、これから足廻りを調整します。
エンジンをかけてみて・・・んんん? なに?
アイドリングは低く、ドッドッドッと…
マフラーからは黒煙が出ていて空吹かししても直らない…
水温が暖まると少し良くなるけどなんだか…(‐_‐)ウーン
エンジンのブレもひどいし…


ボールジョイント7






お客さまに電話してみると、
「寒くなってきたからこんな感じなのでは?と思ってました」
とのこと・・・。そうではないことを説明し、修理することに。


ボールジョイント8






点検してみると3番の発火が弱いようで、圧縮を測ってみても
他と変わらないし、火花も飛んでるし、ドライブに入れると
ちゃんと発火してるし…

( がんこ: まるで椎間板ヘルニアで、腰推の5番が悪いね
             …って言われてるみたぃ?(≧▽≦))

とりあえずディスキャップを外し、点検。
いままで見たこともないぐらぃすごぃキャップで
一度も交換してないようです(; ̄ー ̄A アセアセ

バルブクリアランスを点検すると、クリアランスが
ものすごく広いため、調整します。
これだけ広いとタペット音がうるさいはずなんだけど、
これがまた静かだったのにはビックリ!(ノ゚゚)ノ ナゼ?


ボールジョイント9






チョーク系は水温センサーの不良でした。
エンジンをスタートすると結構いい感じに…
でもエンジンのブレがすごいので、トルクロットを点検すると
ガタガタなので交換しました。

とりあえず依頼のエンジンオイルを交換し、
エンジンをかけるとこれまた一段と絶好調に(o^-')b
今回、オイルの交換でのエンジンの変化に
大変ビックリさせられました(◎_◎)

( がんこ: 難しくってよくわからないけど、
           ひとつだけわかったこと
              この写真…前も使ったでしょ?)


ボールジョイント10






最後にお客さまが持ち込んだ新品のタイヤを2本交換し、
足を測定し、調整します。
ロードテストをし、ハンドル位置を合わせ、
異常がないことを確認して終了です。


ボールジョイント11






洗車して納車です



banner2
←ハブボディーが不気味なおたまじゃくし
                  …に見えた人はクリック!(lll0Д0)

minimini_gankochan at 00:25
この記事のURLComments(4)TrackBack(0)
お知らせ

・次回記事予告
 「エンジン不動(後編)」

・キリ番 get で
 がんこなキーホルダー
 プレゼントですo(*^▽^*)o
 次は560000!

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Online Counter
現在の閲覧者数:
Twitter
記事検索
Archives